中島中学~野外彫刻清掃活動

 十月二十七日(木)午後二時四十五分より、札幌彫刻美術館友の会による支援のもと、約一時間、市立中島中学校一年生の総合学習の一環として、生徒さんによる野外彫刻清掃活動が行われました。対象は、木下成太郎像及び、「香りの広場」にある山内壮夫の彫刻四体です。
 今年は、九月六日(火)午後より、常田益代先生と長峯慰子さんによる約一時間の事前講演が行われ、彫刻というものが、生徒さんにとってより身近なものとなった後の清掃活動であり、極めて限られた時間ではありましたが、生徒さんが、札幌の野外彫刻について従来とは異なる目で見れるようになったと信じております。
 天候が心配された今回、雨も降らず、最後は、安田侃の「共響」前で、友の会側のこの作品に関する簡単な説明と、生徒さんのお礼の言葉を以て活動を無事終えることが出来ました。
 引率された本間千恵先生をはじめ中島中学校の先生方、及び今回の支援活動に参加くださった友の会会員の皆さま、寒空の下、本当に有難うございました。 (井尻 哲男)