2017年「札幌彫刻美術館友の会」新年会

 1月22日(日)恒例の友の会新年会が宮の森ミュージアム・ガーデンで盛況のうちに行われました。今年は昨年の友の会の活動を会長が作成した映像と細川さんのナレ―ションで振り返りました。小さな組織ですが、活動の幅、意義が広がっていることを改めて教えられました。札幌彫刻美術館館長、寺嶋さんも参加いただき、これから彫刻美術館と友の会がさらに協力し合いたいという挨拶をいただきました。武蔵野美大同窓会の亀谷さんからは中島公園の「木下成太郎像」が武蔵野美術大学と大東文化大学の協力で大規模な補修が行われることになったこと、ここに至る経過には友の会が大きな力となったことが報告されました。おいしいお料理をいただきながら新会員の方たちのスピーチを聴き、和やかな時間を過ごしました。

昼食後はソプラノ歌手川島沙耶さんと、ピアノの山本真平さんのミニコンサート。二人は教育大出身で学生時代から演奏活動に頑張っている若い音楽家たちです。美しい川島さんの歌声と、息の合った二人の演奏に皆さん堪能しました。尚、二人は2月25日(土)19時~ルーテルホールでイタリア留学から帰国したバリトンの下司貴大さんと3人でコンサートを開きます。参加希望の方は奥井までご連絡ください。 (奥井)