タグ別アーカイブ: 中島公園

中島公園「カモクマ祭」

DSCN2200

7月5日(日)天候に恵まれ第9回の「カモクマ祭」好評のうちに無事終了する事が出来ました。
当日お手伝いスタッフとして、南高2年生男女4名と中島児童会館利用者の中学2年生の佐藤秋斗君が参加頂きました。「彫刻探検隊」として南高東川君は親子を引率して、香りの広場では素晴らしい彫刻解説もして頂きました。佐藤君も恥ずかしいながらも声を掛け親子の誘導に一役かって頂きました。午前午後と2回に分けて行われ「カモクマ祭」も徐々に浸透してきているようです。中には、2年連続で親子4人で参加の家族もありました。友の会のメンバーも、おみあげにプレゼントするバルーンアートの風船も手際よく作れるようになり大いに楽しませて頂きました。参加の皆様お疲れ様でした。(岩崎恵美子)

 

RSCN2205 DSCN2201 DSCN2181DSC00956 DSC00951 DSC00960 DSC00958 DSCN2195 

 

ゆきあかりin中島公園が始まりました。

  2月6日  友の会が担当する「願いと灯りのターミナル」コーナーでは前日に作られた雪の壁に願いを書いた紙コップを入れる穴を掘る作業が行われました。  

今年は山鼻小学校の3年生80人が先生と穴を掘るお手伝いにやってきてくれました。

穴の開け方の説明を聞いた後、ひとり一人シャベルを手に懸命に硬い雪の壁をもろともせず、しっかり穴をあけていました。そのうち穴をつなげてみたり、豪邸だよと大きな穴を掘ってみたり子供たちの楽しむ様子に大人も笑顔を誘われました。終わりの集まりではこのお祭りの由来は?、願いはかないますか?など活発な質問も出ました。子供たちが作った穴数はなんと200を越えていました。

IMG_1354 IMG_1361 IMG_1366 IMG_1344 IMG_1347 IMG_1369 IMG_1371

中島公園ゆきあかり

今年も雪まつりの季節がやってきました。中島公園では2月6.7.8日 第9回ゆき灯りin中島公園が開かれます。例年友の会ではこの実行委員会に参加し、「灯りと願いのターミナル」コーナーをお手伝いをしています。
紙コップに願いを書いてもらってろうそくをともし、雪山に飾ります。
今年もお手伝いをしますので、時間のある方は是非ご参加ください。子供たち、若いカップルなどの心あたたまる夢や願いにこちらも心が温まりますよ。

ぜひお出かけください。

昨年の様子

facebookゆきあかりのページ

「ゆきあかりin中島公園」

s-DSC00207

中島公園児童会館前広場において雪祭り」に連動し「「Sapporoゆきあかり2014」」が2月7日~9日迄行われました。

「札幌彫刻美術館友の会」も実行委員として毎年お手伝いをしております。
厳寒の中、沢山の会員の皆様の協力をいただき、「あかりと願いのターミナル」のコーナーで多くの方の願いのあかりを灯すことができました。

◆寒い中皆様お疲れ様でした。◆