秋のバス旅行

心配した台風もどこへやら、10月15日(水)秋晴れのお天気に恵まれ「空知の彫刻と炭鉱遺産を巡る旅」に38名の参加者で無事終了いたしました。12号線の岩見沢を皮切りに赤平まで、事前に用意した資料片手に観て歩きました。中でも今取り組んでいるコンクリート彫刻の劣化状況など、専門家の高橋大作さんの解説が参加者にはとても関心が高く興味深かったようです。エルム高原「彫刻公園サキモリ」は秋の紅葉が真っ盛りで素晴らしかった。童心に帰り長い滑り台を、多くのみなさんがすべられたのには驚きました。

DSC00687-2

s-DSC00684 s-DSC00680 s-DSC00677 s-DSC00653 s-DSC00647 s-DSC00645 s-DSC00643 s-DSC00642 s-DSC00634 s-DSC00633 s-DSC00632 s-DSC00624 s-DSC00623

Print Friendly