ホーレスケプロン・黒田清隆の像清掃

IMG_3749IMG_3748 ホーレスケプロン像と黒田清隆像はともに1967年の北海道開拓100周年記念として設置されたもので、建設以来ほとんど保全補修はされていなかった様です。そこで彫刻友の会として遡る事10余年前に背の高いこの二つの像を清掃する為、クレーン車による放水洗浄作業が行われました。その作業でケプロン像の本体を軽く押しただけで銅像が揺れることが判明、原因は台座の石組みにいくつか亀裂があり台風や地震などで倒壊する危険があることが解った。事態を重く見た札幌市はケプロン像台座修復に50万円を計上し専門業者により樹脂注入法による補修を行った経緯があります。

清掃は8月22日(土)10時から開始、友の会所有の高圧洗浄機、ジェネレター、物干しポールを用意し、ポールの先に高圧洗浄機のノズルを固定しての洗浄でした。
大通高校の生徒さん2名を含む14人の参加でした。
作業準備をしている時に、散歩中の近所の方が、見かねてか、こういうのは得意なんだとしっかりポールにノズルを固定してくれて、洗浄を手伝っていただき今後もお手伝いしたいので連絡くださいと申し出てくださいました。高校生も台座を細かいところまでしっかりきれいにして、高圧洗浄機にも挑戦、6mを超す高さの彫刻ですが、脚立も使わず、安全に作業することができることもわかり、今後の彫刻清掃活動にも大きな成果でした。最後に高橋淑子さんから彫刻の解説を聞き、さらに彫刻が身近になりました。
高校生も彫刻がきれいになってうれしい、とても楽しかった、また声をかけて下さいと感想を述べてくれました。ふと上を見ると、すっかりきれいになった黒田さんの頭の上に鳩が心地よさそうに止まっていました。

同日”中島公園香りの広場に点在している山内壮夫の作品4点”の清掃も行われました。
参加者は中島公園管理事務所主催の野菜つくりの親子(ほぼ20名)
親子を3組に分けて、私たちが彫刻1点づつ受け持ち、子供たちと一緒に歯ブラシと、ぞうきんを使って彫刻の水洗いををしました。5歳から10歳ぐらいの子供たち、彫刻にふれて大はしゃぎでした。
最後に「笛を吹く少女」(山内壮夫 作)全員で解説を聴きながら水をかけて終了。毎年、1点づつ皆で清掃をすることを約束をして解散しました。子どもたちが野外彫刻に目を向け野外彫刻を愛し、大事にしようという気持ちを育ててくれることを願っての地道な活動を今後も続けていきたいと思っています。
 

 

Print Friendly