月別アーカイブ: 2017年8月

ポンベツ芸術要塞

2011年から彫刻美術館友の会として応援してきたハルカ山芸術要塞がこの夏恐竜の町として今話題に上っている穂別へと引き継がれる。
化石による町づくりを推進してきた旧穂別町にあるつつじ山公園、野外美術館などをアート部門としてダイナミックに活用しようというものが「ポンベツ芸術要塞」で「鵡川恐竜アカデミア」とともにそれぞれの会場で8月5日~20日までイベントが行われる。

石の彫刻家で知られる渡辺行夫さんのイタドリで作られた恐竜ポンベツポロハラムの写真が手に入ったのでご紹介します。
全長6メートル50・高さ3メートルの恐竜モニュメントは、ご本人の写真の大きさでお解りいただけると思います。
ポンベツポロハラムとは、アイヌ語で穂別のオオトカゲという意味です。今後穂別のいろいろなイヴェントに活用されるようで夏休みになった子供たちがきっと喜ぶ事でしょう。

8/6 大通公園彫刻清掃

8/6(日) 大通公園西2丁目周辺の「泉の像」「石川啄木像」「花の母子像」の清掃を行いました。脚立の運搬ができず、急遽この3体のみの清掃となりましたが、その分ひとつひとつ丁寧に皆様に綺麗にしていただけました。猛暑の中の作業、お疲れさまでした。

清掃は水洗い、中性洗剤とブラシによる細かい箇所も含めた汚れ落とし、そしてワックス掛けと乾拭きを行いました。鳥糞と土埃でかなり汚れた状態も綺麗に洗い流しました。また3体とも、もうワックスも薄い状態でしたが、新たにワックスを施し、再びツヤを出すことができました。

泉の像のうち東を向いている一体の左脚にはひび割れが。かなり目立つ劣化ですので、写真を載せておきます。またそのほか彫刻清掃の様子もサムネイルで載せておきますね。

次回の彫刻清掃もよろしくお願いします。