投稿者「細川」のアーカイブ

第5回彫刻セミナー&講演会

 5月19日(土)午前から午後に渡り、本郷新記念札幌彫刻美術館で開催されました。
第5回彫刻セミナー【屋外彫刻の固定における危険性と鉄材料の問題点】と
講演会【ルネサンス期フィレンツェのテラコッタ彫刻】が盛会のうちに終了。

午前は、武蔵野美術大学、黒川教授の彫刻セミナーで彫刻家や修復専門家を含めて
約30人が参加。特に野外彫刻における鉄材の腐食と補修問題点が報告されました

午後の講演会は参加者数50人余りで研修室がほぼ満席!
司会の常田益代先生(北大名誉教授)が古代ギリシア・ローマ時代のテラコッタの特徴、ロマネスクからルネッサンスに至るまでのイタリア、フィレンツエの建築や産業構造などに触れ、お二人の講演に移りました。
 
藤崎悠子先生の【イタリア・ルネサンスのテラコッタ彫刻とロッビア工房の施釉作品】は15世紀のイタリア美術の歴史と特徴を紹介しながら、3代にわたる彫刻家ロッビア一族のテラコッタ制作を解説したもので、沢山の図版による緻密なプレゼンはいずれも興味深く、大変勉強になりました。

松本隆先生の【ロッビアのテラコッタ彫刻の再現に向けて~ワインの釉薬の話】では余市産のワイン滓から作った釉薬を施して作った再現テラコッタ作品と約500年前のロッピア実作品の断片までも持参し、現物をかざしての熱のこもった解説に午前・午後を通して、それぞれの内容が大変刺激的かつアカデミックだった上、ルネサンス期フィレンツエのイメージまでも重なり、この一日はまるで大学での講義や実習を思わせるほど大変充実したものになりました。

第24回”North Internet Symposium”2018


 2018年3月8日(木)北海道大学学術交流会館において、創立25周年記念・第24回”North Internet Symposium”が行われた。札幌彫刻美術館友の会は毎年参加しており、今回は「北海道史に関連したモニュメント彫刻の特徴と分布」という演題で橋本会長が登壇した。

加藤宏子さんが、第2回本郷新記念札幌彫刻賞を受賞

 上記の作品は、2018年第2回本郷新記念札幌彫刻賞を受賞された、加藤宏子さんの《improvisation~うけとめるかたち》です。 受賞作品は、大通交流拠点地下広場(市営地下鉄大通コンコース)に設置されたもので3年間展示されます。
戦後日本で活躍した本郷新(1905-1980)は札幌生まれで全国に数多くの彫刻を残し、本郷新記念札幌彫刻美術館は、本郷の功績を記念し1983年以来隔年で15回に渡り優れたパブリックアートに「本郷新賞」を送っています。2013年30年の節目を機に「本郷新記念札幌彫刻賞」と名称が変わったものです。ちなみに加藤宏子さんは、橋本会長の姪御さんです。
和紙が作り出す不思議な世界を是非ご覧ください。
◆使用した写真は、彫刻美術館友の会々員・常田益代様から提供頂きました。

「つよいこよいこ」修復作業

            
 故山内壮夫先生が1952年に制作したこの像は満65年を迎えコンクリート像として物理的限界にきていた。札幌市は修復工事に着手し、塗装はがし、中空であったので内部へ発泡ウレタン注入、ひび割れ部分にはエポキシ樹脂注入を行い、最大の欠損個所の白鳥の尾羽は彫刻家の唐牛幸史先生が故山内壮夫先生が作られたであろう形に創造的修復をしていただいた。    高橋大作
 

唐牛幸史さん制作のブロンズ


 唐牛幸史さん制作の「くりのみ幼稚園~園長と遊ぶ園児2人のブロンズ」が出来上がり設置されました。
昨年後志方面バス旅行で立ち寄った唐牛さんのアトリエで、制作途中だったこの彫刻が札幌市月寒公園に隣接する「くりのみ幼稚園」公園に完成設置されました。園長の遺言で、堅苦しい彫像ではなく子供たちと戯れるほのぼのとしたもの。唐牛さんの人柄がにじみ出ていると感じました。バス旅行に参加された皆様には大変興味深いのではないでしょうか。お近くの方は是非ご覧ください。

新冠方面バス旅行


2017年10月6日(金)新冠方面へ、恒例のバス旅行が行われた。当初9月18日(敬老の日)を予定していたが、台風の為順延したもの。今回はお天気にも恵まれ紅葉には少し早かったが新冠の放牧された牛や馬の、のんびりとした車窓からの風景に癒され、十分堪能することができた。
第1の目的はディマシオ美術館。フランス幻想絵画の鬼才「ジェラール・ディマシオ」の絵画は、想像を絶する大きさと精密な描写力に圧倒された。行けなかった方のために多くの写真を添付しました。まだの方は1度は観ておくことをお勧めします。
第2の目的は「レ・コード館」ここには橋本会長が寄贈されたレコードが1200枚あるというのでまたまた驚き!その中から1曲選びゆったりソファーの視聴室でみんなで聞き入りました。ここは平成3年度から過疎地域活性化推進モデル事業としてユニークな地域おこしとして「レコードと音楽による町づくり」が行われています。


*サムネイルはクリック頂くと大きくご覧いただけます。はじめの方の画像はディマシオ美術館特別展として開催されていたガラス芸術の巨匠「ルネ・ラリック展」の一部です。

「クラーク博士像」清掃活動


9月26日(火)羊ヶ丘展望台にある坂坦道作 「丘の上のクラーク」清掃が青空の元行われた。(参加者11名)
観光バスが朝早く到着するので、水がかからない様早目の活動。8時集合で高圧洗浄機の準備も必要。今回は展望台近くにお住いの地域の方も4名初参加。積極的にお手伝い頂いた。クラーク像は、水洗い、乾拭き、手の届く所までのワックスがけを行った。清掃の合間にクラーク像の右手を上げたポーズをまねして写真を撮る観光客のシャッターを押しながら清掃も無事完了。解説は細川が担当した。帰路近くに私のサロンがあり皆立ち寄って下さった。お茶を飲みながら雑談したが、100年記念塔が40年余り経過し劣化の為現在立ち入り禁止。今後どのようにするのがベストなのかなど活発な意見交換がされ大変有意義な、時間を過ごしました。

ポンベツ芸術要塞

2011年から彫刻美術館友の会として応援してきたハルカ山芸術要塞がこの夏恐竜の町として今話題に上っている穂別へと引き継がれる。
化石による町づくりを推進してきた旧穂別町にあるつつじ山公園、野外美術館などをアート部門としてダイナミックに活用しようというものが「ポンベツ芸術要塞」で「鵡川恐竜アカデミア」とともにそれぞれの会場で8月5日~20日までイベントが行われる。

石の彫刻家で知られる渡辺行夫さんのイタドリで作られた恐竜ポンベツポロハラムの写真が手に入ったのでご紹介します。
全長6メートル50・高さ3メートルの恐竜モニュメントは、ご本人の写真の大きさでお解りいただけると思います。
ポンベツポロハラムとは、アイヌ語で穂別のオオトカゲという意味です。今後穂別のいろいろなイヴェントに活用されるようで夏休みになった子供たちがきっと喜ぶ事でしょう。