「つよいこよいこ」修復作業

            
 故山内壮夫先生が1952年に制作したこの像は満65年を迎えコンクリート像として物理的限界にきていた。札幌市は修復工事に着手し、塗装はがし、中空であったので内部へ発泡ウレタン注入、ひび割れ部分にはエポキシ樹脂注入を行い、最大の欠損個所の白鳥の尾羽は彫刻家の唐牛幸史先生が故山内壮夫先生が作られたであろう形に創造的修復をしていただいた。    高橋大作
 

Print Friendly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です