未分類」カテゴリーアーカイブ

ブールデルと日本(上)日経新聞掲載紙

2019年10月27日(日)日本経済新聞に掲載されたものですが、見開き(上)で載っているのでHPにアップするため継ぎはぎになり大変見づらくなっています事お許しください。最新の会報誌№69号に八ヶ岳美術館特別研究員、井上由理さんの寄稿があり、タイムリーに日経の掲載がされたので、併せて是非ご覧頂きたいと思いました。いつもお世話になっている武蔵野美大、黒川先生のコメントも載っています。


永喜多宗雄さんの陶芸


 
 永喜多宗雄(ながきた・むねお)さんの陶芸を、10月7日~”アートサロン細川”に展示しています。又「札幌彫刻美術館友の会」の会員であり役員です。長年、建築設計・企画に従事。退職後は積極的に各種まちづくり活動をされています。
陶芸は下澤土泡、鳥居純子、池田正先生方に師事。現在は社会福祉法人アンビシャスにて陶芸指導。毎年、地元大OB・OGの「さっぽろくろゆり會展」(5月第3週市民ギャラリー)に出品されています。1つ1つの作品は、花器ではありますがそこにあるだけで存在感のある素晴らしい作品ばかりです。是非一度ご覧頂きお楽しみください。
◆永喜多さんは、札幌彫刻美術館友の会のホームページTOPページ右下の「札幌人図鑑」ビデオボタンをクリックすると、詳細が解ります。又画像は右クリックすると大きく見ることができます。
1枚だけの大きな画像は、受賞歴のある力作「月の層雲」です。

白老方面バス旅行

9月9日(月)今年のバス旅行は、「飛生アート芸術祭・苫小牧野外彫刻鑑賞・ノーザンホースパークへのゆったり旅」でした。特に飛生芸術祭は、当会の顧問、国松明日香さんのご子息国松希根太さんのアトリエあり、彼を中心に運営するコミュニティーです。奈良美智さんはじめ全国、道内で活躍するアーティストが参加する芸術祭です。
希根太さんにアトリエや森に点在する作品のレクチャーを受け、年を重ねるごとに進化する芸術祭の楽しさ、素晴らしさに触れ感動しました。芸術祭に一番大事な事は地元の子供達、学校や企業など、地域に根差し皆で作り上げることだと思います。
ルートの関係上、2時間遅れの昼食は、馬のテーマパーク・ノーザンホースパークでのバイキングです。シニア世代にとって普段食べることの少なくなったお肉もこの日ばかりは、沢山お変わり?身も心も楽しく、大満足の一日でた。
◆写真はクリック頂くと大きく見ることができます。

真駒内清掃活動


 9月8日(日)、炎天下の中真駒内公園セキスイハイム競技場西側のブロンズ彫刻<ふれあいと対話>親子の像1体を友の会としては始めて、水洗い、ワックスがけ清掃を行いました。
参加者は特別参加の高校生二人を含む8名。おりしも地域の子供たちのマラソン大会で、応援の家族の皆さんで大変な賑わいでした。
又、五輪橋周辺の彫刻の安全調査を目視しました。この辺の彫刻は札幌冬季オリンピックを記念して設置されたものばかりなので、長く放置され汚れていると思われましたが、最近五輪大橋の改修に伴い、手が加えられたようで比較的綺麗でした。

中島公園「かもくま祭」


 2019稔年7月7日(日)「かもくま祭」が行われました。
中島公園の児童会館は設立70周年を迎え、各ボランティア団体が子供たちのために素晴らしい企画を考え、お天気にも恵まれ、賑やかで楽しいお祭りになりました。
彫刻美術館ブースでは彫刻のパズルを行いました。大変好評で、60人余りの子供たちが参加、そのうち20名程の親子が”香りの広場”まで「彫刻探検隊」と称し彫刻清掃にも参加しました。
簡単な彫刻解説や、周りの花壇の大切さなどにも聞き入り真剣なまなざしが印象的でした。
雑巾をもって母子像を洗っているとき大発見!「ママおちんちんがある!」と目を丸くして報告。
皆さんで大笑いしとても和やかな雰囲気の中楽しく元気に終了しました。 (岩崎)
  ■画像をクリック頂くと、大きく見ることができます。

V-net SCATS展示

ボランティアウィーク初日の19日(日)11時~20時、SCARTS1階モールBで
【札幌彫刻美術館友の会】展を開催しました。

プログラム内容:
1 会報「いずみ」、ケア誌や発表論文、環境賞や研究賞などの刊行物の展示
2 12台のパーテションを使って過去20年間の活動内容や講演会ポスターなどの紹介
3 大型TVモニターによる当会自作の彫刻関連教育DVD(15作品)の上映、
4 学会・講演会のPPTスライド(15口演)の紹介
5 インターネットによる友の会ホームページ・街なか美術館の紹介
6 グーグルマップによる彫刻地図コンテンツと「北海道デジタル彫刻美術館」の紹介など。

今回は実行スタッフがそれぞれ思いを凝らし、約20年間にわたる活動内容をまとめて展示しました。広報活動が少なかった為か来場者は少なかったのですが、関心を持って下さった方もあり、今後の活動に手ごたえを感じることができました。