その他の活動」カテゴリーアーカイブ

ゆきあかりin中島公園が始まりました。

  2月6日  友の会が担当する「願いと灯りのターミナル」コーナーでは前日に作られた雪の壁に願いを書いた紙コップを入れる穴を掘る作業が行われました。  

今年は山鼻小学校の3年生80人が先生と穴を掘るお手伝いにやってきてくれました。

穴の開け方の説明を聞いた後、ひとり一人シャベルを手に懸命に硬い雪の壁をもろともせず、しっかり穴をあけていました。そのうち穴をつなげてみたり、豪邸だよと大きな穴を掘ってみたり子供たちの楽しむ様子に大人も笑顔を誘われました。終わりの集まりではこのお祭りの由来は?、願いはかないますか?など活発な質問も出ました。子供たちが作った穴数はなんと200を越えていました。

IMG_1354 IMG_1361 IMG_1366 IMG_1344 IMG_1347 IMG_1369 IMG_1371

「新渡戸稲造記念公園」ほぼ完成

遠友夜学校跡地に造成中だった公園がほぼ完成。あとは数年後に北東片隅に、「札幌遠友夜学校記念館」が建設されることになっている。
ここに存在していた<新渡戸稲造顕彰碑>は私達彫刻友の会がこの像を清掃し見守ってきたので、感無量である。移設された顕彰碑は、公園南側に北向きで移設された。
又この名称についてはブロンズ像に鋳込されている名称通り<新渡戸稲造萬里子両先生顕彰碑>と改称するよう市教委に要請したところ許可された事は大変喜ばしい。
公園内には金属製の3基の綺麗なパネルが打ちっぱなしにはめ込まれ設置されている。これは札幌で初めての街区公園としてのメモリアルウォールである。
  ◆下記写真をクリックし、拡大してご覧ください。

P1000031 P1000028 P1000032 P1000027

秋のバス旅行

心配した台風もどこへやら、10月15日(水)秋晴れのお天気に恵まれ「空知の彫刻と炭鉱遺産を巡る旅」に38名の参加者で無事終了いたしました。12号線の岩見沢を皮切りに赤平まで、事前に用意した資料片手に観て歩きました。中でも今取り組んでいるコンクリート彫刻の劣化状況など、専門家の高橋大作さんの解説が参加者にはとても関心が高く興味深かったようです。エルム高原「彫刻公園サキモリ」は秋の紅葉が真っ盛りで素晴らしかった。童心に帰り長い滑り台を、多くのみなさんがすべられたのには驚きました。

DSC00687-2

s-DSC00684 s-DSC00680 s-DSC00677 s-DSC00653 s-DSC00647 s-DSC00645 s-DSC00643 s-DSC00642 s-DSC00634 s-DSC00633 s-DSC00632 s-DSC00624 s-DSC00623

中島中学総合学習

 

7月11日、中島中学の1年生、3年生が中島公園内清掃を実施しました
私達友の会のスタッフ8名で公園内の6点の彫刻を3年生(約50人)と清掃しました
 当日は、予想されていた台風による風や雨も何処かに去って快晴に恵まれ、生徒たちも慣れない清掃に戸惑いながらも、彫刻に水をかけたり布で撫でたりワイワイと楽しそうでした
中学校の授業終了後、40分間の清掃でしたが、来年も継続されることを期待しつつ解散しました

 

 s-DSC00529 s-DSC00530 s-DSC00528

美唄アルテピアッツア・旭川方面バスの旅

6月18日(水)彫刻友の会恒例のバス旅行が行われました。
今回は美唄アルテピアッツア・旭川方面日帰りの旅です。総勢50人余りで、移動するのも大変と思われていましたが、皆様の協力で無事全行程を消化し、予定通り帰路に就くことができました。
生憎アルテピアッツアは小雨模様でしたが、他は厚くも寒くもないしのぎやすい気温で広い「北の嵐山」「北方野草園」を元気よく歩き回ることができました。
三浦綾子記念文学館は、思いのほか見ごたえがあり、又旭川買物公園の彫刻は素晴らしく、数多く点在し、私たちの目を楽しませてくれました。どこの場所も興味深く見入り、もう少し時間があれば~と少し悔やまれました。

参加者のMさんが感想を寄せてくださいました。下記タイトルの文字をクリックして下さい。PDFが開きます。
 > 野外彫刻を求めて北上の旅

バス旅行の写真(画像をクリックすると拡大表示します)

札幌市観光文化局文化部市民文化課訪問

文化部との話し合い
今日は今年度から変わった文化部長、市民文化課長 振興係長、そして国際芸術祭調整担当係長、昨年度からの係りの方との話し合いがありました。
友の会は会長はじめ6人の参加でした。
友の会の今年度の活動などを会長から説明しました。(添付資料を参考に)文化部の会の活動への理解は深まっていることを感じました。(奥井)
続きを読む

「ゆきあかりin中島公園」

s-DSC00207

中島公園児童会館前広場において雪祭り」に連動し「「Sapporoゆきあかり2014」」が2月7日~9日迄行われました。

「札幌彫刻美術館友の会」も実行委員として毎年お手伝いをしております。
厳寒の中、沢山の会員の皆様の協力をいただき、「あかりと願いのターミナル」のコーナーで多くの方の願いのあかりを灯すことができました。

◆寒い中皆様お疲れ様でした。◆

Webコンテンツの二次利用

s-DSC00098札幌市の学生起業家をサポートする為のアイデアコンテストがあり札幌市立大学デザイン学部の「ぶらりさっぽろアートマップ」が受賞されました。
そこで彫刻友の会のWebコンテンツ「街中の美術館」で使われている画像や文章などの二次利用が出来ないかという要請が(有)たま様からあり、現在さまざまな意見交換が行われています。

上田市長に要請文提出

s-DSCN2372「彫刻友の会は昨年末、札幌市の文化部長を通して上田文雄市長あてに野外彫刻の長期保全対策を訴える
要請文を手渡しました。要請は『国際都市・札幌には多数の野外彫刻がありながらほとんどは長年の風雨などで無残な姿になっており、後世に伝えるためにもこれら作品の補修・保全対策を確立してほしい』というもので、橋本会長から詳細な実態説明をしました。その際、文化部長から、現在、野外彫刻の実態調査を行う予定であり、もう少し様子をみてほし旨の表明があり、今後の札幌市の動きを注目したいと思います。」

岩内方面バス旅行

(荒井美術館・木田金次郎・西村計雄美術館&アトリエ訪問)

iwanai例年は秋に行われる友の会のバスツアー、今年は橋本会長のふるさと、岩内方面へのアートと海の幸を楽しむバスツアーということで、7月30,31日に実施しました。

雨の予報だったにもかかわらず、朝から晴れ間がのぞくツアー日和になりました。定員40名の参加。最初に訪れた神威岬は美しい積丹ブルーで私たちを歓迎してくれました。

木田金次郎美術館では「生誕120年記念 木田金次郎「第一回個展」の頃」が開かれていて、普段あまり見ることのできない60歳以前の作品に出会うことができ、タイムリーでした。

荒井美術館ではピカソの版画コレクションは勿論、、道内作家、西村計雄と盛りだくさんの作品を鑑賞し、庭園に設置された彫刻の清掃も行いました。高島旅館では気持ちのいい温泉で疲れを癒し、美味しい海の幸に参加者一同満足の一日目でした。

翌日はまず、会長推薦の岩内湾を一望する円山展望台に。次に西村計雄記念美術館を訪れ、画家の若き日からの画業を堪能。西村計雄さんの御次男が経営されているチーズ工房、そして鉄の作家澤田正文さんのラム工房を訪れました。センスあふれる魅力的な作品に出会うことができました。最後は有島記念館。ここでも北海道の若い作家の展覧会が。本当に盛りだくさんで慌ただしいバスツアーでしたが、お腹も心も満腹した旅でした。