9/3 大通公園彫刻清掃

もう札幌もすっかり秋の装いですね。
9/3(日)、オータムフェストの準備で慌ただしい大通公園の中、彫刻清掃を行いました。
対象は、7丁目の漁民之像、札幌市資料館前にある若い女の像、最後は2丁目にある開拓母の像です。

清掃は水洗いと中性洗剤と豚毛ブラシでの洗浄、そして乾燥後にワックス掛けと乾拭きを行いました。(※若い女の像は水洗いのみ)
豚毛ブラシは、ブロンズ清掃用として今回から新たに導入されたものです。毛の堅さがブロンズの清掃に適しており、これまで使用していた歯ブラシよりも、効率よく、細かい造形の箇所もしっかり清掃でき、このブラシのおかげで非常に清掃しやすくなりました。

彫刻の汚れは主に土ぼこりと鳥糞ですが、開拓母の像は特に、虫の巣もあり酷く汚れていた状態でした。まわりの植物や、噴水が近くにあるかどうかで、漁民之像と比べかなり汚れ方も変わってくるようです。彫刻をいい状態で残すためには周囲や樹々の関係にも気をとめておくと良いかもしれませんね。

Print Friendly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です